ぎっくり腰

ぎっくり腰は、物を持ち上げたり、くしゃみ、寝返りなどにより突然、腰が動かなくなる症状を言います。徐々に痛くなって動けなくなることもあります。

安静にしていれば自然治癒することが殆どですが、重症だと治癒するまでに時間がかかります。また、治らないうちに仕事などを始めると再発・慢性化し、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を起こす事もあります。

ぎっくり腰は、症状が起きてからすぐに鍼灸治療をするとより効果的です。歩けずに杖歩行をするほどひどくても、1回の治療で歩いて帰れるぐらい回復される方もいらっしゃいます。鍼灸治療は、腰の炎症を散らし、腰に直接アプローチして、ぎっくり腰の炎症と激しい痛みをより早く緩和させます。

ぎっくり腰は鍼灸治療が得意とする疾患の1つです。
ぎっくり腰の裏に変形性腰椎症や分離症・すべり症、椎間板ヘルニアなどが潜んでいる場合は治療に回数が必要となります。