変形性股関節症

変形性股関節症で来院される方は、①痛みの抑制、②股関節の動きを広げる、③足の長さを揃える、④歩行の改善、などが目的です。

変形性股関節の症状の改善と共に、症状の進行を抑え、手術しないように、もしくは手術の時期を出来るだけ遅らせるようにという目的で鍼灸の施術を受けています。

当院には、変形性股関節症の初期~進行期~末期と様々な時期の方がいらっしゃっています。

初期から進行期の方は、大抵、症状と動きを改善し、生活の質を向上させることが出来ます。

また、末期の方でも症状が改善し、生活の質が上がり、何年間も鍼灸の施術とリハビリで過ごされていました。

変形性股関節症の場合、その症状や進行度合いで、改善の早さは違います。

それでも、鍼灸の施術は股関節を緩め、関節にゆとりを作ってあげる事で、かなりの症状改善が見込め、生活の質が向上することが多いです。

手術は最後の手段だと思います。手術を考える前に1回、鍼灸の施術をお試しになっては如何でしょうか。股関節の変化に驚かれるかもしれません。

関連ブログはこちら