変形性股関節症

変形性股関節症は、股関節の痛み・お尻の痛み・ももの痛みなどが起こります。症状が進むと、股関節を曲げられない(屈曲障害)、足の長さが短くなる(脚長差)が起こり、徐々に歩くことが難しくなってきます。

鍼灸の施術に期待できることは、

①股関節の痛みの抑制
②股関節の動きを広げる
③歩行の改善
④症状の進行を抑制して手術をしない様に、もしくは手術の時期を遅らせる

などが挙げられます。

当院には、変形性股関節症の初期~進行期~末期と様々な時期の方がいらっしゃっています。

変形股関節症の初期や進行期(股関節の隙間が残っていて、脚長差が3センチ以内ぐらい)であれば鍼灸の施術で症状のコントロールが可能な時期です。

末期の方は手術も念頭に入れなくてはならない時期になりますが、鍼灸の施術で症状をコントロールしている方や、手術の前に股関節と体調を整えるために来院する方もいらっしゃいます。