腱鞘炎・ばね指と鍼灸治療

・腱鞘炎

日常動作の中で、腱鞘に長期的な負担がかかり、腱鞘に炎症や痛みが起こります。

腱鞘炎は部分的な施術も受け付けています。当院には、長期的に腱鞘炎で悩んでいる、部分的な治療で改善しなかった、首肩なども含め他の症状もある方に鍼灸治療をしてきました。

・ばね指

ばね指は腱鞘炎が進み、腱が変形し、引っかりが出るようになった症状です。痛みが強く、指が曲がるとなかなか伸ばせなくなります。ステロイド注射を打ってもまた元のばね様の症状に戻ってしまう方に鍼灸治療してきました。

ばね指は身体の変調が起きるときに起こりやすいようです。

腱鞘炎・ばね指は、日常生活で動かすことが多く、症状が改善し、また痛みや硬さが戻るといった事を繰り返しながら改善していきます。日常生活で出来るだけ負荷をかけない(安静)という事も大切です。

指や手首の痛みは、日常生活に大きな支障が出るため、鍼灸治療で早く回復するようにお手伝いしています。