腱鞘炎・ばね指

・腱鞘炎

日常動作の中で、腱鞘に長期的な負担がかかり、腱鞘に炎症や痛みが起こります。

腱鞘炎は部分的な施術も受け付けています。多くの方は、首肩こりもあるので全身的な鍼灸の施術を希望されます。きちんと施術し、安静に過ごせれば、経過は良い疾患です。

・ばね指

ばね指は腱鞘炎が進み、腱が変形し、引っかりが出るようになった症状です。痛みが強く、指が曲がるとなかなか伸ばせなくなります。

ステロイド注射は決まった回数しか注射できない為に、注射で改善しなかった方や、ばね指の手術はしたくない方が鍼灸の施術を利用されています。

ばね指は、腱鞘が変形しているので簡単に改善する症状ではありませんが、施術を繰り返し、安静を心がけ、症状が改善した方もいます。

指や手首の痛みにより日常生活に支障がある方に、早く回復するよう、鍼灸の施術でお手伝いしています。

関連ブログはこちら