五十肩・四十肩

肩の痛みの訴えで多いのは五十肩・四十肩です。これは、肩関節が動かなくなり、痛みを伴う症状です。

五十肩は、固まっている肩関節を無理に動かして治そうとする事がありますが、無理に動かすと肩は余計に固まり、痛みが強くなります。

肩は無理に動かさなくても、元のように動くようになります。施術中の痛みに耐えなくては、症状が改善しないという事はありません。

鍼灸の施術では、肩が固まる原因はどこか、探りながら全身を整えます。肩の動きを良くする為に肩周辺に鍼をする事もあります。

鍼灸の施術後は肩関節が楽になったり、肩の動きが良くなったりといった変化が起きます。

肩の痛みが強くなると、痛みで夜も眠れず、気分の抑うつなど他の症状が起きることもあります。辛い時は我慢せず、ご相談下さい。

五十肩と似た症状として腱板断裂、石灰沈着性腱板炎、リウマチ性多発筋痛症などもあります。