五十肩・四十肩・肩の痛み

肩の痛みに鍼灸治療は適応しています。肩の症状の来院で1番多いのは、五十肩・四十肩(以下、肩関節周囲炎)です。これは、肩関節の痛みと運動障害を起こす症状です。肩関節が完全に動かなくなった凍結肩もこれに含まれます。

肩関節周囲炎と似た症状として腱板断裂、石灰沈着性腱板炎、リウマチ性多発筋痛症などがあります。これらは病院での診断が必要です。

肩関節周囲炎は、肩が痛くて動かない、日常生活を送るのが困難、痛みで寝返りがうてず眠れない、肩関節が固まって動かなくなっている、などの様々な症状が起こります。肩関節周囲炎に鍼灸治療をすると肩の可動域が広がります。肩や腕の硬かった部分がほぐれる為、肩や腕が軽くなったように感じます。

肩関節周囲炎の治療回数は、症状の重さでかなり違いがでます。しかし、余程、肩関節が固まっていない限りは、初回から可動域が広がるの感じることができる疾患です。