首肩こり

首肩こりを鍼灸治療で緩和すると、一番、効果が高く、良い状態が持続すると感想を頂いています。

鍼という道具を使うアドバンテージは大きく、体表から触れることが出来ない深部のコリに触れてほぐせる鍼灸治療の効果は絶大です。

首の筋肉は細かく、コリも硬いので、丁寧な治療が要求されます。取れにくい頑固なコリは、首肩こりを部分的だけを治療してもほぐれません。全身を整えた後に、頑固なコリに触れていきます。

首肩こりを放置していると、神経の圧迫や頚椎を変形が起こり、肩や腕に痛みやシビレが起きます。また、椎骨動脈の圧迫により、めまいや耳鳴りを起こすこともあります。

首肩こりの辛い症状を我慢していると、いずれ症状が悪化していく可能性が大きく、今より辛くならないうちに鍼灸治療で症状緩和をする事をお勧めいたします。