顔の麻痺・顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は、突然、顔半分が動かくなる為、精神的なショックが大きいです。まずは落ち着いてご自分の病気を良く理解し、治療を進めていきましょう。

ベル麻痺は原因は単純ヘルペスウイルスの再活性化によるもので一般に治りが良いと言われています。

ラムゼイハント症候群は帯状疱疹ウイルスが原因で起こる顔面麻痺麻痺で、小さな帯状疱疹、耳の下を押すと痛い、後頭部痛、耳鳴・聴力障害などの症状が起こります。

病院の治療はどちらに対しても抗ヘルペスウイルス剤や神経の浮腫を抑えるステロイド剤を使用します。

病院の服薬や点滴で顔の麻痺(顔が動きにくい)が改善していかない方は鍼灸治療をご利用ください。まだ、顔に麻痺が残っているのに、病院から治療は終わりと告げられ途方にくれて来院する方は多いです。

当院の顔面神経麻痺に対する治療は、顔用のとても細い鍼を使い、顔に刺鍼します。通電治療はしません。

麻痺は、治療直後に「筋肉が動きやすくなった」というような改善は感じられない疾患ですが、口周りのつっぱり感が軽減した、顔が軽くなった、眼が楽になったなどの変化は感じられることが多いです。

顔面神経麻痺で病院に通院されている方は、表情筋スコアは病院の評価を参考にさせて頂いています。

ベル麻痺で発症3週間後から鍼灸治療を始めた方で、最初は顔面神経麻痺スコア12点(40点満点)と重症だった方が、約7ヶ月経て36~38点(40点満点)まで回復されたなどの改善がみられています。

顔面神経麻痺は発症してから、早めに鍼灸治療を始めたほうが効果的です。