帯状疱疹

帯状疱疹は、体に潜伏している水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化により起こります。体の左右どちらかに水ぶくれの発疹が帯のでて、痛みが伴う症状です。

抗ウイルス薬を服用して治しますが、体の抵抗力が低下している為になかなか回復していかない方もいます。

そのため、服薬だけでなく、体本来の力を取り戻す鍼灸治療を併用して、帯状疱疹を回復させています。実際に、帯状疱疹が治りにくいと感じ来院された方々が早い回復をしています。

鍼灸治療をする事で、痛みが和らいで、夜寝れるようになり、早く回復していきます。

帯状疱疹は、神経痛が後遺症として残る事が怖いので、治りにくいと感じたならば早めに鍼灸治療を受けましょう。