不妊症

不妊のお悩みは、出口の無いトンネルの中にいるようなものですね。先の無いトンネルに気持ちが沈んだり、焦ったり。

不妊治療になぜ鍼灸治療が選ばれるのでしょうか。

病院の不妊治療をしていると体調が下向きになる方がいらっしゃいます。不妊治療に使う薬には副作用があり、そして、妊娠するには、自然に近い状態で卵子の成長させ、排卵を促すことが大切です。できるだけ使う薬の量を減らし、自然に近い健康な体を作り出すこと、そのお手伝いを鍼灸治療はしています。

現代的な生活習慣、慢性疲労や冷え、ストレスなどから来る月経不順や排卵障害、その他の機能不全が妊娠のしにくさに繋がってい事も少なくありません。当院では鍼灸治療によって体を整え、体がもつ本来の機能を取り戻します。そして、結果的にそれが、元気な卵子を育てることに繋がります。

当院の鍼灸治療を始めてから自然妊娠した方もいらっしゃれば、体外受精で妊娠した方もいらっしゃいます。体外受精の場合は1〜2回で結果が出ている方が多い為、病院と鍼灸治療を併用したほうが結果的に経済的であったと感想を頂いております。

病院での治療と併用される方は、体の変化が検査値に表れることがあり、AHM(アンチミューラリアンホルモン)の値が向上したなどの嬉しい報告も頂いています。卵巣茎捻転が起こり、以来、排卵していなかった卵巣から排卵が起きた報告も頂いています。

病院と鍼灸治療を併用している方は、検査結果からも鍼灸治療が体の機能を向上させたということを知ることが出来ます。