不妊症

「自分達は不妊症かも?」とお悩みの夫婦は多いです。「不妊症かも?」と思うと大抵の方は、病院で検査をして不妊の原因を探ります。

検査により、精子の動きが悪い・子宮に筋腫があるなどの場合は、病院で治療を受けていくことになります。

しかし、不妊症の多くは原因がはっきりしない事が多く、不妊とどのように向き合っていくか、ご夫婦は悩まれます。

当院では、不妊治療にまず鍼灸治療を試みる方、2人目不妊の方、病院での不妊治療を始めた方、不妊治療の成果がでない方、長期的な不妊治療により体調が悪い方など、いろいろな方に施術してきました。

妊娠は、できるだけ自然に近い状態で卵子を成長させ、排卵を促すほうが妊娠率が高くなります。身体が元気になることが結果として、元気な卵子を育てることになります。

鍼灸治療は、健康な身体の状態でいられるようにお手伝いをしています。

生活習慣、慢性疲労や冷え、ストレスなどから来る月経不順や排卵障害、その他の機能不全が妊娠しすらさに繋がっている場合もあり、これらは鍼灸の施術により改善していく症状です。(生活習慣の見直しもお願いいたします。)

病院の不妊治療と鍼灸を併用していると、身体の改善が検査の数値に表れることがあります。

AHM(アンチミューラリアンホルモン)の値が向上したり、卵巣茎捻転で排卵できなくなっていた卵巣から排卵が起き、卵巣機能が回復した報告などを頂いています。

当院の鍼灸治療を始めてから自然妊娠した方もいらっしゃれば、体外受精で妊娠した方もいらっしゃいます。

体外受精の場合は1〜2回で結果が出ている方が多い為、病院と鍼灸治療を併用したほうが結果的に経済的であったと感想を頂いております。