骨折、打撲、捻挫

・骨折
骨折の場合は、骨がついてから鍼灸治療が適応になります。骨がついた後の骨折部位の痛みや可動域制限、腫れ、むくみなどに対して鍼灸治療でアプローチしていきます。

・打撲
打撲は、転倒などにより体に衝撃が入り起こります。目に見える傷が痣以外にないとしても、体には想像以上の負荷がかかっています。その為に、日にちが経ってもなかなか治らない事があります。打撲による痛み、痣、可動域の制限、頭痛など に対して鍼灸治療は有効です。・捻挫
捻挫は、捻挫を受傷した日のうちに鍼灸治療を受けると治癒が早いので、可能であれば受傷した日に来院されることお勧めします。靭帯は伸びると弱くなりやすいですが、早期に鍼灸治療を受けると予後が良いです。