骨折、打撲、捻挫

・骨折
骨折の場合は、骨がついてから鍼灸の施術が適応になります。骨がついた後、骨折した所の痛み・可動域の制限・腫れ・むくみに対して鍼灸の施術でアプローチしていきます。

・打撲
打撲は体に大きな衝撃が入り、想像以上の怪我になっている時があります。打撲による痣がひいても、痛み・関節の動きが悪い等の症状が残るときに鍼灸院に来られます。

・捻挫
捻挫は、捻挫を受傷した日のうちに鍼灸治療を受けると治癒が早いです。施術後は腫れがひきます。