分離症・すべり症

腰痛の原因が、分離症・すべり症である方は多くいらっしゃいます。分離症・すべり症はレントゲンで直ぐに特定することができます。

分離症は、脊椎の後方にある突起部分が疲労骨折などで分離した状態です。この分離した骨の部分が前方に滑り、ずれた状態がすべり症です。

分離症・すべり症による腰痛は、長時間の立ち仕事や同じ姿勢を続けたりすると痛みが強くなります。また、脚に痛みやしびれが出ることもあります。骨のすべりが強くなると脊柱管が狭くなり、脊柱管狭窄症と同じ歩行障害が起こることもあります。

すべり症の患者さんの背中は、脊柱近くの筋肉が強く膨らんでいたり、骨の変形に容易に触れられる事が多いです。鍼灸治療では、膨らみ張っている筋肉を緩め、痛みを緩和をします。痛みが緩和してくると動きの可動範囲が広がります。すべり症の方が、ぎっくり腰のように動けなくなって来院される事が多いです。