すべり症と鍼灸治療

慢性的な腰痛・ぎっくり腰がよく起こる方は、すべり症が隠れている時があります。

すべり症は、背骨の後方にある突起部分が分離し、分離した骨の部分が前方に滑り、ずれた状態になっています。

すべり症の方の背中は筋肉が強く膨らんでいたり、骨の変形に容易に触れることが多いです。それだけ背中や腰、骨に負担が掛かっているのでしょう。

すべり症による腰痛は、長時間の立ち仕事や同じ姿勢を続けたりすると痛みが強くなります。また、脚に痛みやしびれが出ることもあります。骨のすべりが強くなると、歩行が難しくなることもあります。

鍼灸治療は、膨らみ張っている筋肉を緩め、身体の流れをよくし、痛みを緩和させます。ご自身の身体が軽く楽になり、少しずつ痛みや歩行が改善していくのを感じてください。