すべり症

すべり症は腰痛やぎっくり腰の原因になります。

骨が滑っている程度にもよりますが、背中の筋肉がひどく膨らんでいる方や、背骨の変形に容易に触れることが出来る背中の方もいらっしゃいます。

鍼灸の施術は、膨らみ張っている筋肉を緩め、身体の流れをよくし、痛みを緩和させます。

すべり症がある方は背骨周りを固め、身体を固め、背中や腰を動かないようにし、固めることで身体を防御しています。しかし、この固めることが、背中や腰に痛みを起こしています。

背中や腰を固めて守らなくても大丈夫だと、鍼灸の施術を通して、身体を緩めながら身体に伝えていきます。

身体が緩むと、少しずつ前かがみになること、歩くことが改善され、以前の動きが戻ってきます。

関連ブログはこちら