施術の特徴

・身体に優しく触れることをお約束します

身体に触るときは、身体に負担がかからないように出来るだけ優しく触れさせて頂きます。指圧やマッサージのように圧をかけたり、揉むという事は致しません。

身体は圧をかけた分だけ硬くなります。当院は「身体を緩めて楽な状態を維持してもらう」という方針の為、身体に優しく触ることを心がけています。

・ツボに鍼を納めるという感覚を大切にしています

鍼は刺すと表現されるので「体に鍼を刺すのは怖い」と感じる方も多いかと思います。でも、鍼はツボに納めるといった感覚のほうが近いです。

人によりツボの深さ・角度・方向は違います。ツボに対してどこにもぶつからずスーッと鍼を納めていきます。

ツボに鍼が納まると、鍼を持つ手先に柔らかい感覚が伝わってきます。

施術に使う鍼について

時代に逆らっていますが、当院は使い捨でない上質な鍼を使用しています。

当院は、患者さま個人の鍼をご用意し、「ご自身の鍼はご自身しか使わない」というシステムにしています。

個人専用の鍼を超音波洗浄機で洗浄し、オートクレーブ(高圧滅菌機)で消毒、保管庫で保存しています。感染の心配はありません。

  

鍼で経穴(ツボ)を刺激する時は手先の感覚が頼りです。上質な鍼は、柔らかくよく伸びる金属で作られいる為、身体の反応をいち早く手に伝えてくれます。

また、鍼は身体に入るものなので、上質のもののほうが身体に優しく、感覚的に気持ちが良いです。

*どうしても使い捨て鍼が良いという場合は、使い捨て鍼のご用意もあります。ご希望の場合は事前にお申し付け下さい。(鍼代が別途500円かかります。)

鍼を選びます

初回は、患者さまの身体に合った鍼を選びます。当院の基準は、0.15mmで一番細い鍼は0.12mmになります。

お灸について

お灸は艾(もぐさ)を捻って小さな円錐形を作ります。大きさはわずかゴマ粒ぐらいです。燃え尽きる時にチクッとした刺激があります。

鍼と灸を組み合わせることにより施術の効果を高めます。