腕が挙がらない、頚椎症性神経根症

頚椎症性神経根症は、首の神経根が圧迫され、手のシビレ・痛み・握力の低下、ひどい場合は腕が挙がらないといった麻痺の症状が起きます。

頚椎症性神経根症で腕に麻痺が起き、病院からは手術も選択肢の1つと言われているけれど、首の前面からメスを入れるリスクや、術後、首に動きの制限が残るのなら手術はしたくないと鍼灸院へ来られます。

腕の麻痺は、麻痺が起きてから時間が経つと三角筋や上腕の筋肉が痩せてきます。筋肉が痩せると麻痺の改善が遅くなります。

頚椎性神経根症で麻痺が起きている方は、リハビリと早めから鍼灸の施術を受けると回復が早いようです。