おめでたです。

患者さんが自然妊娠されました。おめでとうございます。やっと、こうのとりがやってきました。心からお喜び申し上げます。

様々な不妊治療を受ける中で、いったん不妊治療を休憩し、鍼灸治療を受けていました。そして今度は、薬を極力使わない不妊治療を始める矢先の出来事でした。

経験則ではありますが、積極的に薬を使う不妊治療より、排卵誘発剤などの薬を極力使わない治療のほうが良いと感じています。成功報酬型の病院など選択肢はいろいろあります。不妊治療を選択されるときには色々な病院や治療方法を調べて下さいね。患者さんが不妊治療に悩んで鍼灸院に訪れるときは、たいてい心身ともに疲れています。自分の体がこれまで受けてきた治療をどのように感じているのか、この先の道をどうしていくのか決めるのはご本人です。疲れを感じるなら鍼灸治療を受けながら休憩してみるのも良いかもしれません。

病院は病院方針である治療をどんどん提供していきます。展開が速く、自分に合う治療かもわからず、考える時間も無いまま不妊治療が進んでしまうこともあります。

どっしりと構え、どのような治療方法を選ぶか、ご夫婦で話して決めるようにしてください。当院は鍼灸治療を通して、妊娠しやすい体を作ること、そして、心身がふんわり柔らかくなるように治療していきたいと思います。

母体となる体と心が元気でいることは、検査には無い項目ですがとても大切なことです。
妊娠した患者さんも、一緒に悩み、時間は掛かりましたが、一番素敵な結果が待っていました。心より祝福いたします。

*元気な女児をご出産されました。