子宮筋腫と鍼灸治療

子宮筋腫で経過観察中の方や、筋腫の手術後の方が来院されています。

子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンによって大きくなるので、更年期に入り女性ホルモンが少なくなると筋腫は成長しなくなります。その為、子宮筋腫に対して治療せず、経過観察する場合があります。

子宮筋腫の経過を診ている時期に、お腹や背中が固く重い、足がパンパンにむくむ、だるいなどの症状の方で悩み、症状を和らげようと鍼灸院へ来られます。

鍼灸治療により、背中に石を背負っている感じだったのが取れた、身体が軽くなった、むくみの軽減、顔色がよくなるなどの変化に喜んでいただいています。

鍼灸筋腫による症状を和らげ、薬も飲まず、手術もせず、閉経を迎えた方もいらっしゃいます。