逆子の鍼灸治療

医師から「逆子です。」と告げられると、帝王切開になるのかとドキドキしたり不安に感じますね。

逆子の治療で廻りやすい時期は、胎児の推定体重が2000グラム以下と言われています。36週目から鍼灸治療を受けて、逆子が廻った方もいますが、胎児が大きくなるほど廻る確率は下がっていきます。

なぜ逆子なのか、理由ははっきり分かりません。臍帯が絡み、回ることが出来ない逆子もいます。

まず、ご自身が出来ることとして、お腹の中の環境が赤ちゃんにとって居心地が良いものになるように生活を見直しましょう。

スマホやPCの使いすぎは目を酷使し、血の消耗に繋がるので控えましょう。働いている方は、仕事の疲労や緊張は抜けているでしょうか。

今までの生活を、お産や育児の為の生活に変えていきましょう。

体調を整え、逆子に廻ってもらう為に鍼灸の逆子治療を受けるという選択があります。

そして、1人目も2人目も逆子で来院される方が結構いらっしゃいます。生活習慣云々ではなく、逆子になりやすい方もいるようです。