捻挫・距骨骨軟骨損傷

捻挫したその日に鍼灸の施術を受けると腫れが引き、改善が早くなります。

捻挫が長引き、ずっと痛みが引かないのでMRIを撮ると、足関節の骨軟骨が欠けいた(距骨骨軟骨損傷・きょこつこつなんこつそんしょう)という症状の方に鍼灸の施術をしました。

長期的な足首の痛みで、身体を傾けて歩いているので、腰痛・肩こり・頭痛など、さまざまな症状が起きていました。足首の痛みが強い時は踵歩きをしたり、休憩が必要なほど強い痛みでした。

この方の足首の症状が鍼灸の施術で改善しました。

いつも体重が掛かる場所に欠けた骨軟骨があるので、同じ症状名でも必ず改善する症状だとは思いませんが、鍼灸の施術が役立こともあります。

歩けないほどの痛みを庇って生活しているならば、鍼灸の施術をご検討下さい。