突発性難聴

突発性難聴とは、突然、原因不明で難聴が起きる病気です。耳鳴りや耳の閉塞感を伴うこともあります。東洋医学では腎の力が弱くなり起こると考えられています。

突発性難聴の治療は、発症後48時間以内、遅くても2週間以内の対応が症状の予後を決めると言われています。その為、病院の投薬と鍼灸治療、両方同時に治療する方もいます。

難聴・耳鳴り・閉塞感が残ると、生活への影響が大きいため、発症直後からきちんと治療するようにしましょう。

突発性難聴を起こすときは、身体に疲労を抱えている時が多いです。鍼灸治療で身体を整え、突発性難聴の症状を緩和させましょう。

突発性難聴を発症して時間が経ってから鍼灸治療を受けた方もいます。難聴は軽く、耳鳴りと閉塞感が残っていましたが、症状が緩和して喜ばれていました。