眼精疲労と肩こり

眼精疲労と肩こりの症状の方は、一日中パソコンを使う方が多いです。

パソコンを長時間つかうため、ある程度の眼精疲労は仕方がないことですが、眼精疲労を少しでも緩和できるように瞼の上や首肩に蒸しタオルを当てたり、セルフケアを心がけましょう。

そして、セルフケアでは改善しない辛い眼精疲労や肩こりは、鍼灸治療で改善しましょう。

鍼灸治療は全身を調節しながら、肩こりから眼精疲労まで改善させます。

仰向け・うつ伏せの鍼灸治療で全身を緩めたら、最後に残ったこりに鍼先を優しく当てます。

そこが辛かった、とういコリが取れると、目の前が明るくなります。(みなさんのそう仰られます。)

首肩こりが改善すると肩や首のラインがきれいに出てきます。血色が良くなり、顔色が映え、目の下のくまもきれいになります。