足のシビレ・脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなることで、足に冷え・シビレ・痛み、足がつるなど、さまざまな症状を起こします。

脊柱管狭窄症で手術するしかないと言われているけれど、手術を躊躇し、鍼灸治療を利用される方がいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症の方は足の色が悪く、鍼灸治療後は、紫色だった足の血色が幾分良い状態に変化するのが観察できます。「足が軽くなった。ずいぶん楽だ。」などの言葉が出るぐらいの変化が起こるこよう治療しています。

脊柱管狭窄症は必ずしも手術をしなくてはならない症状ではないように感じています。元気になり、趣味のテニスを再会した方もいらっしゃいます。

当院は、鍼灸治療により脊柱管狭窄症の症状を和らげ、日々穏やかに過ごせるようお手伝いしています。ゆったりとした気持ちで日々を過ごせるように、痛みを緩和、改善していきましょう。