手足のこわばり

リウマチ様の症状で、手足や肘や膝の関節に「こわばり」がでる症状の方、リウマチの疑いという状態のまま経過観察をしています。

診断が出ないのが、患者さまにとってスッキリしなくて嫌だそうですが、リウマチと診断されるほうが深刻です。

今は、リウマチと診断されないこの症状とうまく付き合っていく事に慣れたご様子で、鍼灸治療をしながら症状緩和をしています。

こわばりの緩和は、その時によって緩和する治療方法が全く違います。お灸を多く使う時もあれば、他の方法をとる時もあります。

はっきりとしない症状ですが、鍼灸治療を受けていると元気に動けるから、と言って鍼灸治療を続けています。