顔の痛み

1年半前に顔面神経麻痺で来院していた方が、顔の痛みで来院されました。

前回の麻痺は、顔の痛みが起こった後に起きたので、この痛みはまた麻痺が起こると考え治療に来られました。

顔の痛みの緩和と、身体が冷えていたので体が温まるように、そして、肺の機能が弱く、風邪をひきやすい体質なので、そちらをフォローするように鍼灸治療をしました。

顔の痛みはほどなく緩和し、顔の麻痺も起こりませんでした。このタイミングで鍼灸治療を受けるのは、予防の意味があります。予防は大切なことです。