自律神経失調症・起立調節障害

・自律神経失調症

自律神経失調症と診断されている方の来院は多く、疲労、だるさ、めまい、動悸、ほてり、不眠、耳鳴り、頻尿、不安感などの様々な症状でお悩みです。

症状が起こる原因が特定できない方は「自律神経失調症」と診断されている事が多いように感じています。

鍼灸治療は個々の身体の状態に合わせた治療を組み立てて提供することで、少しずつ身体が元気になっていきます。

病院では、症状が起こる原因がハッキリしな為に治療が進めにくく、患者さまが最終的に鍼灸治療のような治療を選択することが多いのが頷けます。

・起立調節障害

起立調節障害と呼ばれる自律神経失調症の一種です。起立する時に末梢血管の収縮が起きず、血液循環が保てずにめまい・吐き気・動悸などさまざまなを起こします。

こちらの症状にも、個人の体に合わせた丁寧な鍼灸治療を提供します。

自立神経失調症・起立調節障害の方は、特に刺激に敏感な方が多いと感じています。

優しい刺激で身体が変化するように、気持ち良いと感じて頂けるように気をつけております。少しずつ変化する身体を楽しんでください。