風邪が治らない、こじれた風邪

風邪がずっと治らない患者さんが来院されました。咳、ほてり、だるさ、食欲不振などの症状が長く続いているそうです。強い風邪症状は風邪薬で緩和したそうですが、それから、長い期間、咳やだるさ、食欲不振が続いるそうです。

この方の体は、左肩甲骨に神経痛が出て、お腹が冷えて、首がガチガチになっていました。首が固まっていると、首や肩にある風門・風池と言った「風」がつくツボから、風邪が出て行くことが出来ません。固まっている首肩を柔らかくして、しっかりと汗が出る状態を作り出します。風邪を治すには、ご自身の体の免疫力が必要です。鍼灸治療により体の力を取り戻しましょう。

治療中から、汗が出て体が温まってきました。鍼灸治療後から咳症状が緩和していたので、体は改善してきています。できれば、今日はゆっくりとお過ごし下さい。そうすれば風邪はきちんと改善するはずです。