臼蓋形成不全

臼蓋形成不全と診断されている方の来院は、当院は少ないです。臼蓋形成不全とは、股関節の噛み合せが浅い(かぶりが悪い)関節のことを言います。東洋人は関節の噛み合せが浅い(かぶりが悪い)関節の方が多いそうです。

臼蓋形成不全の場合、後年、変形性股関節症に移行しやすいと言われています。股関節に症状があるならば、股関節の変形などが起きる前に、保存的な治療で股関節の状態を整えると良いでしょう。

股関節の噛み合せが浅い(かぶりが悪い)のは変えようが無いことですが、ご自身の持つ股関節の弱さとどのように向き合っていくかはとても大切な事です。

臼蓋形成不全で痛みなど症状があるときは、股関節の状態を整え、痛みを改善する、更に変形性股関節症へ移行するのを予防する意味でも鍼灸治療を受けると良いと考えています。

当院は、臼蓋形成不全による股関節痛を和らげ、股関節を良い状態に保つお手伝いを致します。