膀胱炎・過活動膀胱

夏は膀胱炎の来院が多くなる季節です。暑くなると尿量が減り、尿道の短い女性は菌に感染しやすくなります。薬を飲んで良くなっても、また膀胱炎になってしまう、薬が効かないという方に当院はご利用いただいています。

最近は、過活動膀胱の方がいらっしゃいました。過活動膀胱の薬を飲むと症状は改善するけれど、服薬を止めると症状は戻り、頻尿(夜間も)、下腹部の不快感、残尿感などがあります。医者からは、この薬は長く飲んで欲しくないと言われているので、鍼灸治療を試すことになりました。

腎と膀胱が元気になるような鍼灸治療を数回続け、この方の過活動膀胱は改善しました。

鍼灸治療を受けると、尿の回数に変化が出たり、菌がいる時は菌への抵抗力が高まります。ご自身の腎や膀胱の機能を高めることによって、体本来の力を取り戻し、尿のお悩みを解決します。