腕が挙がらない、頚椎症性神経根症

頚椎症性神経根症は、脊髄から出てきた神経の神経根という部分が圧迫され、手のシビレ・痛み、握力の低下、ひどい場合は腕が挙がらないといった麻痺の症状が起きます。

頚椎症性神経根症で、手にシビレ・痛み、握力の低下が起きている方の来院は多く、鍼灸治療で改善しています。麻痺症状まで起きている方は、リハビリで改善を感じないなどで鍼灸院に来院されますが、麻痺が起きてから時間が経つと、三角筋や上腕の筋肉に筋萎縮(筋肉が使えない為、筋肉が衰えてくる状態)が進んでいきます。

この筋萎縮が起こる前から、鍼灸治療をする方がより効果が出るので、早い時期からのアプローチをお勧めします。頚椎症性神経根症で麻痺が起きている方は、手術も選択肢の1つと言われている事が多いですが、前頚部からメスを入れる事や、術後改善するとは限らない、また、術後も首の可動域に制限が残るなどと言われ、手術を躊躇しているなどと聞いています。

頚椎症性神経根症で麻痺が起きている方は、鍼灸治療により、徐々に腕に力が入るようになり、肩関節の動きや肘の曲げ伸ばしがスムーズにできるようになりました。