肩の痛み

一言で「肩の痛み」といっても、色々な症状があり、色々な方が来院されています。

当院は、いわゆる五十肩・四十肩と言われる症状の来院が一番多いです。五十肩・四十肩は、凍結肩のようにほぼ肩関節の動きがなくなっている状態で無い限りは、治療後に可動域の広がりを感じることが出来ます。動きが良くなると痛みも緩和してきます。

高齢者の方が急に寒くなり、肩がズッキンズッキンと痛みだした、と来院されることもあります。このような方は、転倒により肩関節を骨折したなどの既往歴があり、古傷の痛みといった範囲になります。この場合は鍼灸治療と温めてもらうことで回復していきました。もう1つ、肩の痛みで多いのはスポーツ疾患です。例えば、肩から床に落ちて肩が動かなくなってしまった、と来院されます。病院で、肩鎖関節の靱帯が伸びていると診断されている方などに鍼灸治療してきました。痛みの範囲が広く、腕は動かない、夜は横になって寝ることもできないなど症状が強く、とても辛いと来院されました。

色々な原因で起こる肩の痛みに鍼灸治療は効果的です。