股関節の痛み・変形性股関節症

今、来院されている患者さんで、変形性股関節症の方がいらっしゃいます。股関節の隙間はほぼ無くなり、医者から手術を勧められていますが、どうしても手術に踏み切れず、現在、鍼灸治療で保存療法中(手術しないで治療する事)です。

鍼灸治療をすることで股関節の可動域は広がり、痛みが減りました。以前より、お出かけが多くなりました。しかし、これで良し、という訳ではありません。股関節の変形は少しずつでも進んでいきます。

その為、病院の定期検診は必要です。病院で、股関節の変形の状態を必ずチェックしましょう。鍼灸治療を受けることで症状が改善し、保存療法で長く過ごせる方もいらっしゃいます。最終的に手術になろうと、それまでの期間をどのように過ごしてきたかは大切です。鍼灸治療は、股関節だけでなく腰などの状態も整えています。たとえ、手術になったとしても鍼灸治療の効果は、術後の経過にプラスに働きます。

一言で変形性股関節症といっても、症状や症状の重さは様々です。関節の変形が末期まで進み、手術を念頭に入れながら治療を受けている方もいらっしゃいます。

鍼灸治療を通して、ご自身の股関節や体の状態をより深く知り、感じて下さい。体を整え、心を落ち着かせ、症状と向き合いましょう。自分はいつまで保存療法をして、いつ手術するのが最適か、鍼灸治療を利用しながら考えるのもよろしいかと思います。よろしければ、一緒に考えさせて頂きたいと思います。