肝硬変

鍼灸院は、稀に病院を受診するべき患者さんが来院されることがあります。これは2011~2013年に担当した肝硬変だった方の簡単な症例ブログです。

その日いらっしゃった患者さまのお腹を触ると、腹水が溜まっていました。直ぐに病院を受診するようにお願いしました。診断は「肝硬変」でした。それから、病院と併用で、毎週1回、鍼灸治療に来て下さっていました。 鍼灸治療を受けると、足の血色が良くなり、むくみが軽減します。鍼灸治療を受けると体が楽と言うことでした。

最初、GOT(AST)GPT(ALT)値は100以上の高値でしたが、77、56まで下がりました。アンモニアの数値270が138、更には59まで下がりました。検査値は低い値でいつも安定しているわけではなく、上がり下がりがありましたが、日常生活を継続できると医師に判断される範囲の変動でした。

月日が流れ、再びアンモニア値が上がった時に健忘などの症状が出て、息子さん家族の近くにある施設で暮らすことが決まりました。私が鍼灸治療を担当した期間は2年3ヶ月でした。

肝硬変が鍼灸治療により改善するとは言えませんが、検査値が変化したり、体調が良くなったことでご自宅での生活を続けるお手伝いができました。最近、C型肝炎の新薬が出ました。そのニュースを聞いた時にこの患者さんを思い出しました。C肝が治るようになると、C肝から肝硬変に移行する方も少なくなりますね。C肝や肝硬変のような苦しい病気に罹患される方が少しでも少なくなることを祈っています。