産後の腰痛

産後の腰痛は、腰だけでなく、腹部、尾骨・仙骨、臀部まで痛みが出る場合があります。

産後の腰痛は、お産の方法に大きく影響されていて、
・自然分娩だった方
・吸引分娩、鉗子分娩だった方
・帝王切開だった方
とそれぞれのお産の方法により、痛みの出方、痛みの強さが異なります。

鉗子分娩で上に人が乗り、お腹をグイグイ圧された方は、腰だけでなく仙骨や尾骨まで痛みが出たり、帝王切開の方は傷痕が痛い、固いなど、腹部の辛さを訴えられます。苦しいお産の後は、腰が柱のようにズドンと真っ直ぐな形になり、まるで骨に変形があるように見える場合もあります。しかし、これは治療を重ねていくうちに徐々に改善されていきます。

当院は、それぞれの産後に適した鍼灸治療を提供しています。治療回数は、症状によりかなり違いがあります。産後の腰痛や体調が悪い時は、鍼灸治療で緩和させ、元気に子育てを楽しんで頂きたいと思っています。