稀発月経

若い女性の月経不順による来院で多いのは、稀発月経(生理周期が39日以上)、月経血が少ない(過少月経)、生理周期が不定期などの方です。

皆さん、先に婦人科を受診されています。婦人科の検査で器質的な疾患は見つからず、ホルモンのアンバランスによるものでしょうと診断され、薬の服用を始めました。薬を飲んでいる間は周期的に月経が来るけれども、薬を止めると元に戻ってしまう、薬の服用で月経を起こすという状態で良いのかと不安になり、鍼灸院に来院されます。鍼灸治療で起きる月経の変化は、薬のように安定的ではありませんが、自分の体の機能で月経が起こる事や、体調が以前より良くなったと感じることで満足頂いております。

夏に月経が乱れることが多い方、逆に冬に月経が乱れることが多い方など、それぞれの体質に合わせて鍼灸治療を提供しています。

若い方で、結婚や出産の予定がない方は、鍼灸治療だけで体を調節している方もいらっしゃいます。生活の変化に応じて、今後どのようにしていくかなども一緒に考えていけたら良いと思っております。