手首や肘の腱鞘炎と肩こり

手首や肘の腱鞘炎と肩こりの症状はセットになっている事が多いです。腱鞘炎は局所治療も受け付けていますが、皆さん、首肩こりの改善も求められ、全身治療を選択される事が殆どです。

腱鞘炎は手先や肘の使い過ぎで起こる症状です。安静に休憩させる事が難しい部位でもあります。肩こりをかばって手首や肘に負担をかけたのか、手首や肘の負担をかばう為に肩こりになったのかは分かりませんが、これらの症状は繋がっているように感じます。その為、肩こりが緩和すると、腱鞘炎の症状も和らぐことが多いです。腱鞘炎は、職業病の方が多く、仕事で使いながら治療していくので、改善しては元に戻る…という状態を繰り返す方もいらっしゃいます。腱鞘炎の痛みを緩和するように鍼灸治療しながら、腱鞘炎を起こす原因となる動きをどのように変えていくかも一緒に考えます。