五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)

このところ、五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)の来院が多かったです。症状の程度が、腕が90~100度ぐらいまでしか挙がらない、結帯動作(帯を結ぶ動作)がお尻ぐらいまでしか手が回せないという可動域制限でした。

夜、痛みで眠れない、痛くて痛くてどうしようもないといった激しい症状の方はいらっしゃらなかったです。これぐらいの症状だと、経過が良いですね。

四十肩・五十肩は、病院で「放っておけば1年で自然治癒します」などと言われるようですが、この痛みが1年間続くのは耐えられないと鍼治院に来院されます。2~3回の治療で簡単に治癒する症状ではありませんが、重症でなければ治療後に肩の可動域が広がったのをはっきりと感じることが出来る疾患です。

痛みがでる苦手な動きに変化が出た時、患者さんの表情は解れ、明るくなります。この瞬間がとても好きです。

四十肩・五十肩は、自然治癒だと1~2年とかなり長い期間、治癒時間が掛かる疾患ですが、鍼灸治療により確実に治癒が早くなっていると感じます。

1度、五十肩・四十肩を経験されている方は、あの痛みだけは2度と味わいたくないと軽症の頃に来院されます。軽症状の頃から治療を始めると回復は早いです。