不妊治療が初期の方

当院は「不妊かも?」と思い始めている方や、タイミング療法をしている方などが来院されています。既に検査をされている方が多く、

・不妊の原因が分からない、夫婦ともに問題が無いと診断された方
・排卵に問題があり、排卵誘発剤を服用されている方
・検査など何もされていない方

などという方々にご利用頂いています。

本来、鍼灸治療はご夫婦で受けるのが理想的ですが、当院は、ご夫婦で鍼灸治療を受けている方のほうが少ないです。鍼灸治療で体調を整えながら、色々なお話を聞きます。「排卵障害があり、クロミッドを服用しているが、薬の服用についてひどく不安を抱えている。」などとお話を聞いた場合、今後のことを一緒に考えさせて頂いています。

例えば、検査の結果が内膜6.7mmと分かった場合、(内膜の理想は10mm以上、8mm以下だと薄く、妊娠しにくいと診断される。妊娠に必要最低の子宮内膜厚は6mmとされている)、クロミッドの服用期間が長い時は、医師に相談が必要だと思います。医者にうまく相談できない出来ない時は「次は、こんな風に質問してみるのはどうでしょう」などと提案させて頂いています。クロミッドは、排卵誘発剤の第一選択薬で有名ですが、内膜が育たないという副作用がありますし、薬は他の選択肢もある筈です。不妊治療で、どの治療を選択するかはとても大切なことです。ご夫婦でよく考え、ベストな選択を、ご夫婦が納得できる治療を選択していきましょう。私も、少しでも心配が軽くなるよう、お役に立ちたいと思っています。

鍼灸治療の役目で一番大切なのは「妊娠しやすい元気な体を作ること」です。まずは、しっかりと体の変化を感じて頂く様に鍼灸治療を致します。